説明: 一般社団法人 HECTEF

 





 






HECTEF HbA1c

"JCCLS推奨HbA1cキャリブレータ―" と "HbA1cコントロール"

製品・価格

製品の詳細と価格について

名 称 成 分 略 称 HbA1濃度
(NGSP単位)
包 装 販売価格
(税抜、
送料別/セット)
保存
温度
輸送時
温度
JCCLS推奨
HECTEF HbA1c
キャリブレータセット
ヒト由来
凍結全血
HbA1c
Calibrator set

商品CD:50071
低濃度(5.5-6.1%)

高濃度
(7.6-8.0%)
凍結品
0.2mL×2濃度
×各2本
(4本セット)


17,500円
-70℃
以下

溶解後
2−8℃
48時間
以内
冷凍
(dryice pack)
HECTEF HbA1c
コントロールセット
ヒト由来
凍結全血
HbA1c
Control set

商品CD:50075
低濃度(4.6-5.2%)

高濃度
(8.1-8.9%)
凍結品
0.2mL×2濃度
×各2本
(4本セット)


14,000円
-70℃
以下

溶解後
2−8℃
48時間
以内
冷凍
(dryice pack)

別途送料・配送手数料(3,240円/内消費税240円)が掛ります。
1回のご注文または配送につき3,240円の均一料金です。
2セット以上ご注文頂くと送料・配送手数料がお得になります。

特長

◆キャリブレータ
NGSPネットワーク検査室により、認証値が付けられている他、IFCC HbA1c Reference Systemにトレーサブルです。また、JCCLSにより推奨品として認められたものです。
特にHPLC法において定期的に本キャリブレータを用いて、正しいキャリブレーションをされることをお勧めします。

◆コントロール
NGSPネットワーク検査室により得られた値が付いている他、IFCC HbA1c Reference Systemにトレーサブルです。
特にHPLC 法において日頃の測定システムのチェックにご使用ください。

※ご注意※
本製品はヒト由来凍結全血ですので、血液検体を放置して血漿部分が分別された検体をサンプルとする免疫的な測定法には不向きです。

ご注文 → メール送信にて toiawase@hectef.jp   ・下記の事項を書き入れて送信ください。

  1. ご注文内容(名称または略称、数量)
  2. お名前
  3. 勤務先名称・所属部署
  4. 〒・住所
  5. 電話
  6. 納品先
  7. 請求先(納品先と異なる場合)


発売のご挨拶

HECTEF HbA1c calibratorとcontrolの頒布にあたってのご挨拶

この度、HECTEFでは日常検査用のIFCC HbA1c calibrator(全血)を販売することになりました。
従来のIFCC一次標準品は8本がセットとして販売されておりましたが、HECTEFはIFCC Network Coordinatorと協力し、オランダのQueen Beatrix Hospital にて、全血を用いた正常濃度域、異常濃度域の2濃度のキャリブレータを"HECTEF HbA1c Calibrator set"として開発し、JCCLSの推奨品として認証を得て、日常検査用IFCC Reference Systemにトレーサブルな日常検査用HbA1c Matrix Calibrator として頒布することにいたしました。
同時に日常検査向けに、2濃度のHECTEF HbA1cコントロールの頒布も可能になりました。
グローバル化の進む我が国のHbA1c検査値の校正に、HECTEF HbA1c Calibrator setとHECTEF HbA1c Control setが、多くの検査室で利用いただけることを期待いたします。

平成28年8月
一般社団法人HECTEF
代表理事 櫻林 郁之介

HECTEFでは海外の公的標準物質供給機関より輸入し国内での頒布を行っています。
取扱っている主要な海外機関は次のようになります。

  1. IRMM(標準物質及び計量技術研究所:EU)
  2. NIBSC(国立生物学的標準及びコントロール研究所:英国)
    NIBSCおよびWHOの生物学的標準物質類
  3. NIST(国立標準及び計量技術研究所:米国)

なお、各研究機関の製品のお問い合せ、ご注文については、「お問合せ・ご注文」のページから、
あるいはFAXにて一般社団法人 HECTEFまでご連絡下さい(FAX03-5356-7625)。

IRMM(EU)の標準物質

 

(1)タンパク・蛋白

※下記2件の詳しい情報は「お知らせ」のページをご参照下さい。
  
説明: C:\Users\HECTEF\Documents\Hectef HomePage\images\title.gifIFCCCRP国際標準品 <ERM-DA474/IFCC>   〈2009.03.10
  
説明: C:\Users\HECTEF\Documents\Hectef HomePage\images\title.gifIFCC血漿蛋白国際標準品 <ERM-DA470k/IFCC>  〈2008.09.12

(2)生化学

ヒト血清中CaMg、Li、ヒト血清中クレアチニン、他

(3)ホルモン

ヒト血清中コーチゾール、ヒト血清中コーチゾール、ヒト血清中プロゲストロン、ヒト血清中エストラジオール他

商品一覧はこちら  IRMM Reference Materials

NIBSC(英国)の標準物質 WHO国際標準物質

 

(1)ホルモン純品

ほとんどすべてのホルモン。例えば、インシュリン、プロインシュリン、カルシトニン等

(2)凝固、蛋白のWHO国際標準物質

血液凝固ファクター、抗トロンビン、フェリチン、プラスミン、ブロティンC、プロティンS、ビタミンB12、ヘモグロビンA2、ヘモグロビンF、ヘパリン等多数

(3)各種抗体のWHO標準物質

各種ウイルス、各種ホルモン、その他

(4)各種腫瘍マーカーのWHO国際標準物質 

商品一覧はこちら  NIBSC WHO Internal Standards

商品一覧はこちら  NIBSC Biological Reference Materials

NIST(米国)の標準物質

 

(1)生化学純品

コレステロール、尿酸、クレアチニン、ビリルビン、グルコース、コーチゾール、アンジオテンシン、4−ニトロフェノール、尿素、トリパルミチン、他

(2)血清標準物質

ヒト血清中11成分、ビタミン及びコレステロール

(3)組成標準物資

アミノ酸、17種類

NIST標準物質の例

 

(1)SRM956a、電解質

血清中Ca、Li、 MgK Naの標準値がつけられています。

(2)SRM1951b、脂質

血清中総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、トリグリセリド、フリーグリセロールの標準値がつけられています。

(3)SRM2389、アミノ酸

17種類のアミノ酸の値付けがされており、アミノ酸分析の標準物質に用いることができます

商品一覧はこちら  NIST Reference Materials


説明: C:\Users\HECTEF\Documents\Hectef HomePage\images\logo_black.gif 

旧 福祉・医療技術振興会(since 1994
166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目3番4号 レインボースクエアビル2F
Tel
Fax03-5356-7625   E-Mailtoiawase@hectef.jp