Feed on
Posts
■タイトル(英語) :Fifty Shades of Yellow
■雑誌名、年、号、頁等 :Clinical Chemkistry Podcasts May, 2017
■タイトル(日本語) :黄色の50の色合い
■要約 :このタイトルは、英国の女流作家、E. L. Jamesによる、ベストセラー本のタイトル”Fifty Shades of Grey“に似せたものであり、それは血液中で見つかる様々な形のビリルビン、および、それが測定される様々な測定法への表現でもある。 これらの色の違いについては、乳幼児に生じる、肝臓および胆管に関連するごくまれな疾患である、胆道閉鎖症の初期の診断における、それらの役割の背景として論議されている。


 
 

“Clinical Chemistry” プロムナード © 2019 All Rights Reserved.